トップページに戻る



にきび・ふきでもの体質を治しましょう。
●原因
@遺伝的な素因・・・・肌質や肌の強さが生まれつき違うように、ニキビになりやすい人もいればなりにくい人もいます。
Aホルモン・・・・・・・・男女ともに性ホルモン、特に男性ホルモンとの関連が考えられる。男性ホルモンによって脂性肌に
              なりやくすなります。
B皮膚の細菌・・・・・・ニキビで有名な」アクネかん菌など、細菌は皮膚にたくさん常在している。バランスを越えて細菌が
              増殖すると皮膚に異常が出てきます。
C栄養素・・・・・・・・・ 栄養のバランス、特にビタミン・ミネラルの不足は肌のトラブルと関係が深い。ビタミン・ミネラル剤の
              活用とともに、自然な食べ物からも補給したいものです。
●ニキビの発生
○思春期になるとホルモン(アンドロゲン)の働きが活発になって、皮脂腺が刺激を受け、皮脂が大量に分泌される。分泌された皮脂によって、毛こうが角化され狭くなり、皮脂が排出しにくくなる。 ○皮脂に汚れやあか(角質)がつき、皮脂も酸化して、黒いポツポツ(面ぽう、comedo)ができる。毛のう中の皮脂は排出されずに溜まっていく。 ○毛のうでは皮脂の好きなアクネかん菌が増殖し、アクネかん菌のリパーゼが皮脂を分解し、遊離脂肪酸が溜まっていく。そうすると毛のう壁が刺激され、組織が壊れて炎症が起きてくる。 ○アクネかん菌やブドウ球菌などによって化膿する。化膿がひどくなると皮膚の奥深くまで傷をつけてしまい、治るまで時間がかかる。治癒後にあとが残ることがある。
●ニキビ治し方
@肌のお手入れ
●お湯で1日3〜4回、脂肪分解酵素配合せっけん又は洗顔料で洗顔し、皮脂を洗い流します。 ●洗顔後は、軟らかい殺菌清拭剤(オードムーゲH)でアクネかん菌を殺菌します。 ●赤く盛り上がったニキビには、イオウ製剤(ロイドキープS)をニキビの頭につけ、毛のうの皮脂を排泄します。 ●化膿しているときは抗生物質製剤(ゲンタマイシンなど)を塗って殺菌します。
洗顔料
殺菌清拭剤


保湿化粧水




A身体の中からお手当て
★内服治療の基本です。
レバコール   +   ハイブリル  +   コンチーム   + ニッポークリーン 

○皮膚を正常に保つために
 アミノ酸補給が大切です。
○皮膚の抵抗力をつけるた
 めに、カルシウム補給。
腸の環境を改善し、便通を
 整える乳酸菌・納豆菌など
 の補給。
皮脂の分解を促進するビタ
 ミンB2・B6補給。
レバコール液
鰹の肝臓エキス(アミノ酸)
鰹の肝臓エキス アミノ酸 レバコール

 ハイ・ブリル錠
カルシウム・クロレラ
アレルギー体質改善・カルシウム ハイブリル
コンチーム錠
納豆菌・乳酸菌・麹菌・酵母
納豆菌・乳酸菌・腸内環境改善に コンチーム
 ニッポークリーン
ビタミンB2・B6・C
ニキビ・口内炎に ニッポークリーン