トップページに戻る


漢方の田の上薬局漢方の田の上薬局 の
 info@kanpounotanoue.com
 〒889−1301宮崎県児湯郡川南町大字川南13675−64   (トロントロン)


健康を願う人々に是非お奨めしたい
紅豆杉
(補完医学紅豆杉研究会推奨品)
紅豆杉
●「雲南紅豆杉」は、約2億年前から今日まで生き続けており、現存する地球最古の樹木と考えられています。中国雲南省の海抜3,300m〜4,100m付近に自生し、平均樹齢は三千年以上の極めて生命力の強い高山巨木です。中国政府は、雲南紅豆杉を「国家一級保護植物」に指定して伐採を禁ずる一方、アメリカと日本の各1社に輸出を許可しました。
1998年には学術団体として、補完医学紅豆杉研究会(事務局:北里大学)が設立され、現在に至るまで研究がつづけられています。


●お茶の煮出し方
水1l(1,000cc)を火にかけ、沸騰した時点で指定された量の茶袋を入れ火を弱めて約5分煮だしたのち火を止めて、茶袋をすべて取り出し、出来上がった茶湯を1日で飲むようにする。
2gX30包

10,368円


品切れ
現代によみがえった紅豆杉
(イチイ科)
平均樹齢3000年という常識破りの「山の精」
現在使われているクスリは、古くから薬効が認められた草根木皮や鉱物や動物などの生薬から有効成分を探し出し、それを化学合成して作ったものが大半です。しかし、最新技術をもってしても、物質の構造が複雑すぎて、どうしても生物(植物、動物、菌類)の力を借りなければ作れない薬剤が今も少なくないのです。
また、天然の生薬には生物が同時に作り出した超微量物質が含まれており、それらが相乗的に作用して薬効を高めることもよく知られるようになりましたが、今の科学レベルでも完全には解明されておりません。
雲南紅豆杉は既知の有効成分や未知の超微量成分を宿す「山の精」そのものの樹木です。

補完医学研究会とは
北里大学をはじめ、各大学にて紅豆杉を研究