店舗概要
ブログ
 
疾病別
呼吸器
風邪
喘息・気管支炎
鼻の悩み
運動疾患
神経痛・腰痛・肩こり
関節炎・椎間板ヘルニア
 打ち身・打撲
消化器疾患
口・のどの悩み
胃腸トラブル
便秘
下痢
 
皮膚疾患
湿疹・じんましん
ニキビ・ふきでもの
シミ
いぼ
女性疾患
婦人科疾患一般
冷え性
貧血
泌尿器疾患
おしっこの悩み
陰萎・遺精
循環器疾患
血液・血流の悩み
高血圧
動悸・息切れ
糖尿病
肝臓の悩み
精神不安定・不眠
目の悩み
慢性疲労・滋養強壮
基礎化粧品
アクルシリーズ 
オードムーゲ 
 a汗腋臭、制汗に
オドレミン

白斑にダドレス
〇東洋医学の本質は病気ではなくて病人を治すことにあります。
同じ病気でも、男性と女性、体質・病気の経過時間・軽重・環境などにより、症状に応じた処方・治療をします。
〇漢方治療の基本
病名にとらわれず、証に随って治す。

〇証とは
その病人に現在現れている症状を、生体のあらわす闘病反応として整理、総括することによって得られるもので、漢方的判断・治療の材料になる。

〇証を決めるには(望・聞・問)が重要である。
@望診:病人の骨格・栄養状態・血色・顔色・皮膚の状態・舌の状態等を見ること。
A聞診:病人の音声・喘鳴・胃内停水音・体臭・分泌物・口臭等を臭覚により知ること。
B問診:病人の訴えを聞き出すこと。主な訴え・既往症・家族歴・発病年月日・年齢・体重・伸長・自覚症状・生活状態等を聞くこと。

〇陰陽・表裏・寒熱・虚実について
観察により陰陽・表裏・寒熱・虚実などを考慮し診断を下す。
★陰ー裏・寒・虚・・・・病勢は沈伏し現れにくい。
★陽ー表・熱・実・・・・病状は発揚性で炎症、充血、発熱を伴う。
☆表ー体表のことで、頭部、四肢、背部。
☆裏ー身体内部・深部を指し胸腹部、内臓に熱が現れる。
☆寒ー寒冷のことで冷え性、悪寒手足の冷え 寒性の頭痛・下痢等。
☆熱ー発熱症状で熱感がある。口渇、のぼせ・ほてる、尿赤色等。
☆虚ー体力が虚乏し抵抗力が低下していること。発育虚弱、疲労しやすい、腹部軟弱、下痢しやすい、汗が出やすい、首が細い、新陳代謝が緩慢なもの。
☆実ー充実を意味し、病気に対する抵抗力があって、発育良好、活動的、腹部堅実、便秘傾向、首が太い、新陳代謝旺盛なもの。

〇気・血・水について
☆気ー形がなく働きだけあるもの。精神・神経作用や神経系全体の働きを示す。精神不安、不眠症
☆血ー血液のこと。全身に栄養を運び、老廃物を回収する働きがあります。
☆水ー胃液や涙など、体内の水分こと。体全体を潤し、体内を循環して体温調節や関節の働きを滑らかにします。


天然アミノ酸 アミノレブリン酸 MSMコラーゲンU
牛黄・麝香 DHA・EPA プラセンタ
 コエンザイムQ10 オルニチン 菊芋
 ユーグレナ  ギンコローバ  熊笹
 桑の葉  田七人参  スピルリナ
ナノ型乳酸菌 プロポリス ペポカボチャ
 ルンブルクスルベルス マンゴキサン 霊芝
錫蘭葛 ルテイン・ゼアキサンチン カルシウム
ラブレ菌・ビヒズス菌  筋骨草  大豆発酵エキス
高麗人参  スクアレン  ニューアイリタン 
ラクトフェリン  八宝片  五加参
     
     
   
     
     
Copyright(c)  2005   田の上薬局   All Rights Reserved.
>>